当ウェブサイトは安全と利便性向上のためにクッキー(Cookies)を使用しています。詳細はこちら

法人向けクラウド・ネットワークサービスのINAP Japan

ソリューション
SOLUTION

複数拠点を持つ企業が続々検討するローカルブレイクアウトとは

インターネットローカルブレイクアウト
ベストエフォートで課題は解決できるのか?

インターネットローカルブレイクアウトとは?

複数の拠点を持つ企業においては、センター拠点(本社やデータセンタ)とローカル拠点(支店や工場など)の間を閉域ネットワーク網で接続し、インターネットのゲートウェイはセンターとなる拠点に集約するネットワーク構成が一般的です。
これに対し「インターネットローカルブレイクアウト」とは、各拠点から直接インターネットにアクセスするネットワーク構成で、「ローカルブレイクアウト」とも言われています。

複数拠点を持つ企業が抱える課題

従来のネットワークの構成では、各拠点からクラウドやWeb上のアプリケーションなどインターネットを経由してアクセスする通信はすべて、一旦センター拠点のインターネットゲートウェイを経由して通信が行われます。

一般的なネットワーク構成

しかし近年、ビジネスにおいては業務システムやソフトウェアなどのクラウド移行が急激に進んだこと、テレワーク導入による社外から社内ネットワークへのアクセスやWeb会議利用の増加、教育関連ではGIGAスクール構想下でのオンライン授業推進などによって、各拠点からインターネットへのトラフィックが大幅に増加しています。
その結果、センター拠点のインターネット回線にかかる負荷が増大し、帯域不足、品質低下による通信遅延が発生するケースが増えています。

この解決策の一つとして、インターネットローカルブレイクアウトがあります。
ボトルネックとなり得る特定の通信(Microsoft Office365等のクラウドサービスへのアクセスや映像をやりとりするWeb会議等)に関しては、センター拠点のインターネットゲートウェイを経由させず、各拠点にインターネット回線を引いて直接アクセスさせます。
これによって、センター拠点のインターネットゲートウェイへの通信集中を回避し、帯域不足を解消することができます。

ローカルブレイクアウトの概念

ローカルブレイクアウトの落とし穴

ローカルブレイクアウトの実施方法としては、トレンドのSD-WAN(※)から、通信事業者の閉域網サービスのオプションなど様々なソリューションがあります。
ところが、いざSD-WANを導入して通信の振り分けや制御が可能となったり、各拠点にブレイクアウト用の回線を敷設しても、アクセス線やインターネットがベストエフォートやシェアードタイプの場合は、通信が集中する時間帯や周囲の他ユーザーの利用状況に影響を受けてしまうため、負荷や遅延が解決されず有効なソリューションとしては機能しません。多くの企業が集まる地域や工場地帯などでは特に、「帯域の取り合い」が起こることは避けられません。

SD-WANとは?
SD-WAN(Software Defined Wide Area Network)とは、物理的なネットワーク機器で構築したネットワーク上に仮想的なWANを構築し、各拠点のルータを管理ポータルから一元的に制御する技術。
SD-WANによって各拠点からのトラフィックの接続先をコントロールしたり、伝送するデータの重要度やセキュリティ要件等によって経路を定義したりすることが可能になる。
米国においてSD-WAN は2014年ごろからすでに普及し始めていたが、近年ローカルブレイクアウトが注目されたのを背景に日本でも急速に普及し始めている。

まとめ

従ってローカルブレイクアウト用の回線はその拠点の通信の重要度や通信量によって帯域保証型かベストエフォートかを検討する必要があります。

ローカルブレイクアウト用の回線はその拠点の通信の重要度や通信量によって帯域保証型かベストエフォートかを検討する必要

今後も加速するクラウドサービス利用はもちろん、画像データや動画などやり取りする通信量が増える中で、業務効率や生産性を重視するなら、通信品質を軽視することはできません。常にストレスなく業務が行えるネットワークサービスを選ぶことが、事業の成功にも直結するのです。

お問い合わせ・お見積りはこちら

INAPの“落ちない、切れない”帯域保証型インターネットが解決します

INAP JapanのPerformance IPは、帯域を保証したうえで、さらに米国INAP社で開発されたRoute Optimizer(ルート・オプティマイザー)の独自技術により、低遅延を実現したインターネット接続サービスです。 Route Optimizerが自動でBGPルートの最適化を常時行うため、一瞬の通信障害やネットワーク遅延を許さず、即時性と安定性を追求したいインターネットサービス事業者にとって、まさに競り勝つことのできるネットワークインフラです。

各種お問合せ、お見積もり、資料請求に関するご質問を承っております。まずはお気軽にご連絡ください。

ページトップ戻る