当ウェブサイトは安全と利便性向上のためにクッキー(Cookies)を使用しています。詳細はこちら

法人向けクラウド・ネットワークサービスのINAP Japan

会社情報
COMPANY PROFILE

INAPの人材育成

当社の人材育成方針を紹介します。

INAP Japanが求める人材像

自ら学び成長する(Active learning)人材を育て、応援します。

  • 01Get the things done!
    やり切れる社員。目の前のミッションに対し、周囲を巻き込み、時には迷惑もかけつつ、がむしゃらにやり遂げる姿勢を求めます。これがステップアップの鍵と考えるからです。
  • 02経験と行動を通じて成長する社員
    資格試験よりも、行動した経験とその経験からの学び。これにより人は大きく成長すると考えます。自ら果敢に行動することを求めます。
  • 03自信ある社員
    困難を乗り切る自信と勇気。たとえ成長途上であろうとも、プロ意識をもって立ち向かう姿勢を求めます。なぜならこの自信と勇気こそが、社員同士が尊敬し合い協力しあうためのベースだと考えるからです。
  • 04リーダーシップと協働性
    役職・肩書きには関係なく、求められることを高い質でやり遂げるために周囲に働きかけ、モチベートさせながら行動することを求めます。これは、協調や迎合とは違います。
INAP Japanが求める人材像

人材育成への取組み

当社が目指す人材像を実現するために、研修制度、評価制度、チームビルディングを促進するイベントを設けています。

研修制度

業務の幅を広げ、与えられたミッションを超えて活躍する手助けとなるよう、研修にも力を入れています。

  • 英語研修
    レベル別、目的別など需要に合わせて対面クラスやskypeなどのレッスンを行っています。
    外部講師が行う対面クラスでは、英語ネイティブ社員も参加し、時事や文化など様々なことを議論します。
    映画やドラマなどを扱うこともあります。
  • 日本語研修
    非ネイティブ社員が企画、運営しています。
    先生は社員。日本語ネイティブ社員が先生とは限りません。教材はロックの歌詞、小学生の国語の問題集、人気アニメの一節など様々です。
  • 外部研修コース
    外部の企業研修専門会社による講座を受講できます。新入社員向けから経営者向けまで、幅広い業務に対応した講座があります。

評価面談

Team building and communication

他部署のスタッフと協働することを目的として、年2回の「カジュアル面談」を設けています。
その時々でINAP Japanが抱える課題からテーマを決定し、所属部署が混在したメンバーを作り、各チームでプレゼンテーションや研修会を行います。テーマに沿って他部署のスタッフとget the things doneする、絶好の機会です。

過去のテーマ
・クラウド事業進出ケーススタディ ~EBITDAと法務リスク~
チームディスカッション
・電話応対研究会
電話応対ロールプレイとディスカッション
・付き合いたい○○担当
プレゼンとディスカッション

年2回、パフォーマンス評価をし、フィードバック面談を行っています。
面談には上長の他、組織を超えて行動する場合には他部署のマネージャーも参加することもあります。面談では評価よりも、キャリアアップにつながるよう、日頃抱える課題や悩みへの向き合い方、疑問やチャレンジしたいことなどを主に議論します。

キャリアパス

日々の業務や研修、面談を通して共にキャリアについて考え、社員ひとりひとりの持つ能力を発掘し、高めていきます。本人の希望も踏まえて他部署へ異動することで、専門性をより高めていく道、また新たな分野での活躍も後押しします。

NOCサポートエンジニアから他部署へ

  • ネットワークエンジニア:山本真之介社員
    NOCから技術部へ
    ネットワークエンジニア:山本真之介社員
    私がNOCからネットワークエンジニアのポジションへ異動となったのは入社して約2年目の事でした。現在の部署ではTC(Technical Consultant)としてお客様の回線導入を担当する他、社内ネットワークの保守構築などを行うこともあります。
    NOCではオフィス内での勤務が基本でしたが、異動後はデータセンタなどの現地へ赴くことも多くなりました。論理的な面から触れることが主だったネットワークについて、物理的な面からも携わることになり、理解を深める良い環境が得られたと思っています。
    また、エンジニアと言うと真っ黒なコンソール画面とにらめっこをしているイメージを持っている方も多いと思いますが、TCとしての業務の場合、お客様やパートナー企業の方などとの折衝も重要です。そういった点では今はNOCの時以上にコミュニケーションの能力が求められます。
    技術的な部分では回線の設計などを検討する為により深い見識が求められますが、NOCでの既存回線に対する運用の経験が、今の自分を支える中心的土台になってくれていると思います。NOCでは夜勤シフトもありますが、静かなその時間を活かし実際のISPレベルのネットワークを手本に学ぶことが出来たので自分にとっては大きなプラスでした。
    運用部門であるNOCはある意味ではINAPのサービスの最前線にあたります。技術部以外にも営業などへ異動するNOCスタッフも少なくないですが、お互いにベースとなる共通認識があるからこそ、チームとしての成功をより確かにしてくれていると感じています。
  • ネットワークエンジニア:Chancellor Milligan社員
    NOCから技術部へ
    ネットワークエンジニア:Chancellor Milligan社員
    システム・エンジニアを目指し、最初の一歩でINAP Japanに入社しました。
    毎日NOCの業務をしながら、ネットワークの基本ならびに、様々なネットワーク構成について実践経験を積みながら、いつも「当社のお客様は何故その構成に決めたのか」と、「我々NOCからは見えないお客様のLAN側ではどのような機器を利用しているのだろう」と考えていました。
    技術部のポジションへの募集の話があった際、お客様の技術担当者とともにネットワーク構成を決定する立場になれると思い、非常に楽しみでした。そして、INAP Japanは私にテクニカル・コンサルタントというキャリアパスを与えてくれました。
    技術部に異動してからは、営業チームならびにお客様と一緒にお客様の要件に叶う、最適なネットワーク構成を提案できるように努力しています。ネットワーク構成が決定したら、機器のコンフィグから物理回線の手配などの、プロビジョニングを、つまり開通までの全てのフェーズをハンドリングします。このポジションで日々私のプロジェクト・マネジメント能力ならびに言語スキルが磨けるようになったので、この機会に心より感謝しています。
  • 事業戦略担当:隋慧君社員
    NOCから営業部~事業戦略部へ
    事業戦略担当:隋慧君社員
    私は3年間NOCに所属し、その後営業部に異動しました。営業部ではNOCでの経験を活かし、お客様に最適なソリューションを提供するよう努めてきました。お客様やベンダーとの日々の付き合いで、自社商品と業界や市場についてビジネスマンの立場で理解を深めることができました。ここまで育ててくれた上長の期待に応えるよう、営業担当として実績を積んでいこうと思いました。
    営業部で1年間勤務した後、事業戦略部に異動する機会が訪れました。大学時代の専攻は経済学なので、理論を実践する絶好のチャンスと思い、ぜひともチャレンジしたいと思いました。しかし、営業職への未練もありました。且つ、全く未知な業務への不安も混在しました。しかし会社が全面的に後押ししてくれて、挑戦することに決めました。そして、現在の事業戦略部に異動しました。
    現在、アカウンティングと請求業務をこなす傍ら、社員のための英語・日本語研修を企画・運営しています。米国本社との月例会議や経営陣との意思決定の場にも参加しています。
    日々充実しています。
  • 営業担当:イジン・ピュー社員
    NOCから営業部へ
    営業担当:イジン・ピュー社員
    私は1年間NOCに勤務してから営業に異動しました。IT、ネットワークについては全く未経験で入社しましたが、NOCはチームワークが強く、お互い助けあい、顧客にプロアクティブに対応して日々の業務をやり遂げました。営業へ異動してからもこの経験は活きています。
    現在、お客様と商品紹介の場などで直接触れ合い、毎日がワクワクです。お客様にベストソリューションを提案したい。そのために一緒に働いている先輩、同僚、上司みんなを巻き込んでいます。
    最後になりますが、INAP Japan 20周年記念ミュージックビデオに参加できたのはとてもよい経験になりました。
    ※INAP Japan20th MVはこちら
  • 営業担当:Andrew Masami Soewandi社員
    NOCから営業部へ
    営業担当:Andrew Masami Soewandi社員
    私はNOCで1年半勤務した後、営業部に異動しました。NOCでは、IT技術者としてゼロから学びました。
    私は入社した時からいつかは営業をやりたいと思っていました。幸運にも1年半でその機会が来たことになりますが、その1年半は日々のお客様対応も、障害時のトラブルシュートも、営業部へ異動したいと願いながらやり切るようにしていました。
    その甲斐があって、現在営業部では海外のお客様を中心に担当しています。これからも現場での経験を積んで、チームワークで営業部全体を良くして行きます。そして私自身、営業を楽しみながら全力を尽くします!

Organization

CEOの下に3つの組織があり、それぞれサービスの提供に尽力しています。ほぼフラットな組織で、所属組織を超えて協働しあい、業務を推進していくことを求めています。また、採用職種に関わらず異動することもあります。

INAP Japanの組織図

昇進制度

初級職から上級職まで、求める業務のレベル目標が設定されています。
成長の礎として重視しているのは、周囲とどのように協働し、リーダーシップを発揮できるかです。年に一度、管理職の総合評価により職能プロモーションが検討されます。

昇進制度

ページトップ戻る